i-LDKとは?

さまざまな生きづらさを抱えながらも

人々とかかわりながら自分らしく生き

地域社会の中であたりまえに暮らしていくために

当事者が主体となって

様々な「学び」の機会を創る活動のことです。

 

障がいがあったりなかったりする仲間たちとともに

泣いたり、笑ったり、怒ったり、喜んだり、

感じたままをみんなで分かち合いながら過ごしています。