代表理事  大森 梓 (おおもり あずさ)

子育て歴20年、男の子4人の母。支援教育専門士(F)。

発達特性のある次男の育児を通して、様々な社会的課題に直面し、任意団体「ままのがっこ(※)」の立上げを機に、現在の活動を続けています。『気付いた人の責任』がモットー。

※当法人の前身。活動履歴はこちら→「ままのがっこ Activity History

副代表理事  伊藤 修毅 (いとう なおき)

副代表理事  久保園 有紀 (くぼぞの ゆき)

理事  栗林 満 (くりばやし みつる)

30年間勤めた都立特別支援学校教員を定年退職。生活訓練事業所(福祉型専攻科)で、所長職を経て非常勤職員として4年間勤める。同時に日本社会事業大学専門職大学院に通い、社会福祉士資格を取得。

特別支援学校卒業後の青年たちの人生と自分の人生を重ね合わせて、生涯教育をNPO法人として考える機会としたい。

余暇&生き甲斐として、20余年、フォルクローレの演奏活動を行っている。

理事  永野 佑子 (ながの ゆうこ)

元公立中学校特別支援学級教員。”人間と性”教育研究協議会障害児・者サークル世話人。全障研会員。

障害のある若者たちは、色んな悩みを言葉に表せないまま年を経ていると思います。言いたいことを言い、やりたいことを見つける人生のサポートをします。人生いつでも学び直しができます。

理事  永田 三枝子 (ながた みえこ)

元公立小学校特別支援学級教員。”人間と性”教育研究協議会障害児・者サークル世話人。

臨床教育学会会員。社会福祉法人青年学級講師。
青年・成人たちの悩みや願いを聞きながら、一緒に学んだり遊んだりすることが大好きです。
「だいじょうぶ!」が好きな言葉です。

理事   朝生 賀子 (あさお かこ)

小学3年生のとき、自閉症の女の子と仲良くなり、彼女の世界との関わり方に惹かれました。彼女はわたしに見えない何かを見ている。わたしは彼女が見るように世界を見てみたくて、いつも彼女の傍にいました。
今も変わらずそう思い、「学びの会」に参加しています。
いっしょに愉快にすごしましょうね。

理事   中川 重徳 (なかがわ しげのり)

諏訪ノ森弁護士事務所。弁護士。

顧問   森 博俊 (もり ひろとし)

都留文科大学名誉教授。