※平成31年4月より実施予定の事業です。

「学び」の場 More Time ねりま とは?

「学び」の場  More Time ねりま は、

高校や特別支援学校高等部を卒業後も

「もっと学びたい!」という

青年たちの願いを叶える「学び」の場です。

「高等部・高校を卒業した後もきょうだいみたいに青春を楽しみたい!」

「もっと勉強したい!」

「このまま社会に出るのは不安・・・」

「いっしょに出かけたり悩みを打ち明けたりできる友達と出会いたい!」

「仕事をやめちゃった・・・・・この先どうしたらいいんだろう」

「就職したけど、しんどいんだ。このままがまんして続けるしかないのかな・・・」

 

「学び」の場 More Time ねりま は、そんなあなたを待っています!!

~More Time ねりま は、生活訓練事業を活用した「学び」の場です~

●「生活訓練事業」とは、障害者総合支援法により「自立訓練(生活訓練」と位置付けられる、障がいのある人たちの地域生活移行支援を目的とした障害福祉サービス事業です
●なかでも、特別支援学校高等部・高校卒業後、「もっと学びたい」という希望をかなえるために、知的障がいのある青年の学びを実施する 「生活訓練事業」が全国で拡がりをみせています

なによりも「わかる」という実感を大切に


安心できる居場所で

それぞれのリズムで過ごせること
失敗が許されること
ひとりひとりが大切にされる居場所で
ありのままでいられるように


仲間とともに

ちがった個性があつまって
ともに泣き、怒り、笑い、ぶつかり合あう
おたがいを支えあう仲間のなかで
自分を見つけられるように


「わかる」体験・「わかる」学びを

自分が感じていることに気がつき
それを伝える術をもつこと
「わかる」というよろこび
納得につながる体験をかさね
自信をもって未来を選択できるように


 

プログラム

生きる

自分の権利を知り 自分の個性をみつめ 自分らしく生きることを学ぶ

暮らす

生活の基礎について知り 自分の暮らしを主体的につくることを学ぶ

働く

働くことについて考え 自分のとくいをいかして 意欲をもって働くことを学ぶ

文化教養

好奇心を刺激し こころとからだを表現し 人生を豊かにする方法を学ぶ

遊ぶ

社会に関心を持ち 自分の世界を広げ、人生の楽しみかたを学ぶ

自主活動

「やってみたい」をテーマに活動を展開し 「できた!」を体験します

ミーティング

日常生活や行事などについて仲間と話し合い 自分たちで活動をつくります

地域との対話

地域の人・親・先輩・仲間など さまざまなゲストを招いて対話します

面談

「わかる」という実感をより深めるために ひとりひとりにていねい向き合います

一日の流れ

9:30

健康チェック・朝のミーティング

10:30-12:00

〔月〕生きる
〔火〕働く
〔水〕暮らす
〔木〕文化教養
〔金〕ミーティング

12:00-13:00

ランチタイム

13:00-14:30

〔月〕地域との対話
〔火〕自主活動/面談
〔水〕暮らす
〔木〕自主活動/面談
〔金〕遊ぶ

14:30-15:00

清掃・一日の振り返り

15:00-16:00

フリータイム

16:00~

i-LDKでさらに自由な時間を楽しめます。

~「i-LDK」とは?~

“More Time ねりま”の開所時間外に同施設を活用して開かれる地域の居場所です
平日は16:00~、土休日にも利用することができます
障がいのある無しにかかわらず、誰もが自由に活動できます
いろいろな人と出会い、かかわりあって 世界をひろげていく場所です
「i-LDK」は、 練馬区「地域おこしプロジェクト」の選定事業です

More Time ねりま
利用案内

事業内容

自立訓練(生活訓練)事業 利用対象 特別支援学校高等部・高校を卒業した者
または、就労の継続に困難を抱えている知的障がい青年
・本人が通所を希望していること
・自力での通所が可能であること
※自治体の受給者証が必要

定員

20名 ※年度ごとに10名程の予定

利用期間

2年間

利用時間

平日9:30-16:00  

利用料

実費のみ (行事費等で月5,000円程度)

利用手続

・事業説明/個別相談/利用体験(オープンキャンパス)参加
   ↓
・面談/意思確認
   ↓
・受給者証申請、発行
   ↓
・利用契約